釣行日記

東工大釣りサークル ~燕浪~ の活動記録

17/10/01@金沢八景相川ボート


f:id:dimvbfa:20171001161940j:image

  秋です!

  秋です!

  大事なことなので二回言いました。

  春夏は気づけば過ぎ去っており、釣ったのは(遠征除くと)手長エビちゃんくらい。

  虚しすぎる……。

  や、エビちゃん手軽だし美味しいし良い事づくめなのだが、やっぱ飽きてしまうんだよね。

  とりあえず福浦に行ってきた。昨日。

  え?その分の日記がない?それは…(察して)

 

  という訳で約1年ぶりにボート釣りをしよう!と思い立った(お舟なら釣れるのでは、という安直な考え)。

  場所は八景島。言わずと知れたアジの有名ポイントだ。

 

日時:2017/10/1(土)7:30~15:00

場所:八景島近辺

同伴者:副部長

天候:晴のち曇

潮汐
f:id:dimvbfa:20171001162225j:image

   土曜日、福浦岸壁でピクリともしない浮きを眺めながら日曜日が空いてると副部長サンが宣ったので、何処に行こうか検討していた。金沢八景のボート釣りは前々から行きたいと思っていたので、いい機会だと思って(前日とかなり急な話だが)敢行した。

  朝、恥ずかしながら寝坊して予定では7時にボート屋につく予定だったものが30分ほど遅刻。面目ない……。

  今日が日曜日だったこともあってか、我々がゲットした舟は最後の一艘だった。本当に危なかった…(^-^;💦

  ここは初めての利用だったので、ボート屋のおっちゃんにポイントと注意事項を聞く。また、ここのボート屋はWebページからサービス券を配布していて、青イソメが1杯貰える。素晴らしい。

 

  早速ボートに乗り込む。よく晴れて風も弱く、のどかな日になりそうであった。

  座席にはクッションを敷いていてくれていた。サービスが行き届いていて非常に好感が持てる。

  まずはコマセが溶けるまで、という名目で日産カドのポイントにGO。投げ釣りでシロギス狙いだ。

  仕掛けを投げ込むと、ツンツンあたる。少し期待したが、一向に針がかりしない。しかも高確率で針のチモトが切られる。

  …もうお分かりですよね?
f:id:dimvbfa:20171001221049j:image

  ワームデストロイヤーのお出目しだ!!!

  …。

  ホント勘弁してください……。

  こやつ等に手持ちの投げ釣り仕掛けを悉く破壊され、やむなく帰港することに。

  言い訳としては「コマセが溶けるまでの様子見だったから!」

  10:30、前半戦終了。釣果ゼロ。。

 

  ボート屋のおっちゃん曰くアジの方が期待できる、と。そしてポイントはジェットコースターが良いとのこと。とても親切に教えてくれた。

  ジェットコースターは航路に近く、時間帯にもよるが波が強く、酔ってしまう可能性があるポイントになる。だが釣れる可能性が高いのならば行くしかない。

  昼になって少し雲が出てきた。今日はお日様が出ていると暑かったのでうってつけである。

  ジェットコースター下に近付いてみると、ぽつぽつと釣りボートが見られた。他のボートに近すぎず遠すぎないところで、LTアジの仕掛けを投入。
f:id:dimvbfa:20171001223847j:image

  居た!アジだ!

  かなり潮が速く、アンカーを下ろしていても少しずつ流されてしまう。

  ここで痛恨のミスを犯した。

  氷が全部溶けている。。

 

  教訓

『仕掛けと氷は多めに持っていこう!』

 

  仕方ないので、船と同じように
f:id:dimvbfa:20171001225739j:image

  海上水族館を開園した。

  更に2人とも良い型のアジを無事手に入れた所で、狙い澄ましたかのように潮が止まってしまった。

  アタリはある。だが針がかりはしない。

  更に頻繁に針が取られる。

  DEJAVU。クサフグのお出ましである。

  河豚提灯にしたろか。

  それから少し場所移動したりして糸を垂らしてみたが、一向に釣れない。

 

  ようやく釣れ始めたのはそろそろバケツ類を洗い出す14:30頃(帰港は15:30まで)。

  サバ、アジ連合軍が徘徊しているようだ。

  LTアジの仕掛けは針数が少ないので、サバが掛かっても直ぐに仕掛けが壊滅することはない。しかし、相変わらずあの走りっぷりでアンカーのロープに突っ込んだり、同乗者の仕掛けにも積極的に絡みに行くため、掛かったら即陸揚げするのがオススメだ。
f:id:dimvbfa:20171001225220j:image

  推定25cmのサバ。サイズに見合わず良い走りっぷりを見せる。

  だがしかし。氷が無いのでリリース。至極残念…。味噌煮などは絶品だったと思う。

 

  納竿予定時刻は15:00。まるで引き止めるかのようにアジ、サバラッシュの真っ最中だが、丁度コマセも切れたので名残惜しいが撤退した。

  水族館の中には結局アジ5匹だけ。納竿時まで生存していた個体だけ持ち帰ることにした。

 

  持ち帰ったアジ達は副部長がフライに転生させた。やはり売り物とは鮮度が違うのだろう、かなり美味しくいただけたようである。釣り人冥利に尽きる。

 

  次回の釣行予定は16(日)に大黒の海釣り施設。サビキでのんびりまったり釣る予定だ。