読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釣行日記

東工大釣りサークル ~燕浪~ の活動記録

16/12/04 @横須賀、ボート釣り

横須賀にボート釣りに行ってきたので詳細を記録します。

日時:2016/12/04 8:00~15:30

場所:横須賀、走水付近
f:id:dimvbfa:20161205160625j:image

同伴者:うーぱ@釣りガール さん

天気:晴れ、弱風

潮汐
f:id:dimvbfa:20161205182610j:image

 

 4時に起きてボート屋に向かいます。

実際にボートを借りたのは8時前でした。

ボート釣りは初めてなので少し緊張しました^_^;

 

漕いでみましたが、

思うように舟が動かない!!

同伴者さんに随分海水を掛けてしまいました…

悪戦苦闘するうちにだいぶコツを覚えたので今度は大丈夫です(多分…)

 

ボート屋のおばちゃんに大まかなポイントマップを貰ったので、本命のカレイが住んでいるポイントで投錨します。

水が澄んでいて、水深が浅いところでは容易に底が見えました。

 
f:id:dimvbfa:20161205162047j:image

サクッと投げの仕掛けを結んで海に投げてみます。

砂地なので根掛かりが少なそうです。

……ピクッ

おっと、生命反応があるぞ!

 

しかしなかなか針がかりしてくれません。

 

 待つこと数分、相方が何かを釣りました!

海面から上がってきたのは、

グ〜フ〜

奴でした。まぁ、ボート屋の人からも「フグが多い」とは聞いていたので、覚悟はできていました。

しばらくして私の竿にもアタリが。

あわせると今度は針がかり!

リールを巻くと、


f:id:dimvbfa:20161205163205j:image

・・・ん?

とにかく本命でもフグでもない事は確かですが、魚名が分かりません。ツイッターで聞いてみました。

沢山のファボ、RTありがとうございました!

返信してくださった方がいまして、イソギンポか、クラカケトラギスのどちらかだろうと教えてくださいました。

魚をじっくり見ると、どうやら「クラカケトラギス」である可能性が高いと判断しました。教えてくださった方によると、天麩羅で美味しい魚ですが、返事をいただいた時には既に逃してしまっていました…残念!

 

しばらくして私の竿が大きくしなりました。

( ^ω^)おっ

来たか、本命!?

と巻いてみると…


f:id:dimvbfa:20161205164212j:image

デカッ!

やっぱりフグでした。コイツも美味しいらしいのですが、内蔵や皮には(当たり前のように)毒が含まれるので今回はリリースです。

 

その後も釣れてくるのはフグばかり。

もはや河豚の温床になっているのでは、と12時を回った頃一度陸に上がりました。

 

 相方と作戦会議です。

結果、アジ狙いにシフトして、お土産を作ろうという事に。

コマセを買って再度海に出ます!

 

投錨すると、午前のポイントより明らかに深いのが分かりました。凡そ20mくらいでしょうか?

相方はテンヤでタイ狙いです。

私はカゴにコマセを詰めて釣り開始です!

オモリの着底感覚からここも砂地のようです。

……

……………

アタリが全くありません…

サビキ釣りなので魚は寄っているハズなのですが……

1時間ほどさびいてみましたがアジの欠片も見当たりません。

諦めて場所移動しました。

 

潮に流されながらも辿り着いた場所は人口漁礁近くポイントです。

午前中と同じ、カレイ狙いの仕掛けを投入します。

3時半までにボートを返さないといけないので、そろそろ終わるかな〜と思い始めたとき、

ビクッ!!グググッ……!

半ば偶然、何かがヒットしました!

引きが今までとは違います!

仕掛けを上げると…

20cm程のシロギスが付いていました!

やったー!晩御飯ゲットです。

3時15分、納竿&抜錨です。


f:id:dimvbfa:20161205170022j:image

ちなみにオチがありまして…

シロギスは写真を撮るために砂浜に置いて、2,3秒目を離したスキに

鳶に盗られました…。゚(゚´Д`゚)゚。

皆さんも魚から目を離さないようお気をつけくださいまし〜

 

追記

ボートに乗ったにしては貧果でした。

唯一の釣果っぽい釣果も普通サイズのシロギス(しかも手許には残らなかった)ですし

これはリベンジマッチをするしかないです!

 

あと、ボート釣りの時は洗浄可能(使い捨てでも可)の手袋、クッションの持参を推奨いたします。

オールを漕ぐと手が、またお尻が痛くなります

 

今度は江ノ島で根魚を、特にカサゴを狙いに行きます

 

ではまた〜

 

 

掲載画像にアプリ「携帯潮汐改」、「Google Map」を用いました