読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釣行日記

東工大釣りサークル ~燕浪~ の活動記録

16/12/29@福浦、調査釣行

f:id:dimvbfa:20161229195322j:image

かの有名な福浦への突撃レポートです。

日時:2016/12/29 14:00~19:00

場所:福浦東岸壁

同伴者:N/A

天気:晴れ、北風やや強し

潮汐
f:id:dimvbfa:20161229120651j:image

皆様いかがお過ごしでしょうか?

通常この時期は家の大掃除や帰省の準備をするものでしょうが、私は何も知らなかった事にして福浦に行ってまいりました。(二十日ほど前の釣りで撃沈した時に「これが年内最後」など申しましたが、あれは嘘でした。)

Twitterをやってると暫し「福浦」という文字を見かけるので以前から気になっていたのですが、今日の今日まで行く機会がありませんでした。

一昨日27日の暴風による高波も落ち着き、天気も良い釣り日和です。

とはいえ真冬なのでどうでしょうね…

ピンギスやアイナメメバルくらいでしょうか?

 とりあえず、近くのポイント釣具店の店員さんにお話を聞いてみました!

やはりこの時期はテトラ周りでの根魚を狙えるらしいです。

 ここで想定外の事故が(・・;)

ポイント釣具さん、安いですねえ…

ここも魔界とは知りませんでした!

話を聞くだけのつもりがワーム足したりブラクリを追加したりでいつの間にか2000円になってしまいました…

以後気をつけます()

さて、今日使う餌は

・こないだの江ノ島で使いきれずに保存した塩イソメ

・もはやいつの物か分からない冷凍アサリの残り

・ポイント釣具店で買ってしまった新鮮青イソメ

の3種を用意しました。

 

シーサイドラインを市大医学部駅で降車し、釣り場に向かっていると…海の近くにセブンを発見しました!これはデカいです

釣り場の近くに沢山の車が停まっています。

年末なのに多いですね〜(ヒトのことを言えた口ではない)

とりあえず、東岸壁のヘリポート寄りのポイントに入ります。

ぱっと見で投げ師やカゴ師、フカセ師あたりがいらっしゃいます。

近くの人に聞いてみると、朝はシロギスが上がったらしいのですが昼からパッタリだそうです。

アジとグレも、釣れてはいますがこちらも渋いです。

ウミタナゴとヒトデはじゃんじゃん釣れていますね。

まずは塩イソメの投げ仕掛けを試しましょう。

 10分おきくらいで竿を上げてみることにします。

暫くして竿を上げると…あ、重いです!

でも全然引きません。

まあこの時点で大体予想がつくのですが、

じゃじゃーん
f:id:dimvbfa:20161229175335j:image

ヒトデ2連です。やったね

 

投げても投げても釣れるのはこいつだけです…

放置するとヒトデがつく、とは言いますが

3分放置ですら、コイツがくると嫌になりますね。

たぶんここの海底には星の数ほどヒトデが蔓延っています。間違いありません。

なので日没まで隣の人と雑談してました。

 

日が沈んで電気ウキが海に浮かびだすころ(5時頃ですね)、北上してテトラエリアに移動しました。
f:id:dimvbfa:20161229195832j:image

こんな感じに海に降りれるようになっています。

テトラポットは安全とはとても言えません。上に乗るのは自己責任でお願いします!

 

ぶっ込み仕掛けで攻めていると、突然アタリが!

来たか!と思いましたが、バラしてしまいました…

3投目で遂に…!
f:id:dimvbfa:20161229180018j:image

やりました!!20cmくらいの良型カサゴが釣れました。

 釣り納め更新です!ありがとうございました。

20cmあるオスなのでお持ち帰りさせていただきます。

夕マズメ時には結構アタリが頻発し、入れ食い状態でしたが、日が完全に沈んでしまった6時ごろからアタリが消えてしまいました。

下げ3分は魚の活性が上がるというのは、あながち本当かもしれませんね。

 

釣りの部 まとめ・感想

久しぶりに引きを味わえた釣りでした。

また、塩イソメと生イソメの違いは殆どないです。どっちも喰ってきます。それから気持ちアサリの方が食いがいい?ですが、とんでもなく外れやすいので。針にアサリを先に付け、イソメで針先に蓋をするのがベストです。

やはり釣れる場所は釣れるのでしょうかね…

 

料理

思えばこのブログを始めてからの料理は初めてですね。

冬のカサゴは脂がのっていて非常に美味だと聞きます。

今回釣れたカサゴはまあまあの大きさがあります(産卵期だから当たり前ですが)ので、

身はお刺身に、頭と中骨は味噌汁にしてみることにしました!

暫しお刺身は2,3日寝かせておいた方が良い味になる、と言われますが…カサゴは時間が経つと臭くなるらしいですね。なので煮付けにしてしまおうとも思ったのですが…良い機会なので締めたてのカサゴのお刺身を食べてみることにしました。

 
f:id:dimvbfa:20161229221308j:image

はーい出来ました!上がお刺身、右がカサゴの味噌汁です

さっそく食べてみることにします。

まずはお刺身から。

身に弾力があり、微かに甘いです。

クセは全く無いのですが、身が少ないですね…

続いて味噌汁。

……!?

これは…美味しい!頭と中骨しか入れていないのに、かなり良い出汁が出ています。

頭の方に残った身を食べてみると、

……

ごめんなさい、お刺身の比じゃないくらい美味しいです。

 

今回は料理コーナーでは味噌汁に軍配があがりました。

というか、お刺身はほとんど無味無臭でした

今度良型のカサゴを釣ることが出来たら、3日ほど寝かせてお刺身を作ってみようと思います!

 

料理の部 まとめ・感想

(今更ですが、)締めたてのカサゴは煮付け、味噌汁などの加熱料理でとても美味しく食べることができます。

また以前、締めたてのアジのお刺身を作ったことがあるのですが、今回のカサゴのお刺身はアジのお刺身に比べて旨味が弱く感じました。(白身魚の宿命かもしれませんが…)熟成させるとどうなるか楽しみです。

また、カサゴを寝かせた後にお刺身を作ったことがあるよーという方は是非お話を聞かせてもらいたいです。

 

それでは、みなさま良いお年を!