釣行日記

東工大釣りサークル ~燕浪~ の活動記録

17/05/17@大黒海釣り施設

f:id:dimvbfa:20170517190412j:image
 はい、水曜日です!サークルメンバーにえらく気に入られたようなので、もう一回くらい行っておきましょうかね

日時:2017/5/17(水)11:00~19:00

場所:大黒海釣り施設(先端外側)

同伴者:4名

天気:曇り

気温:16〜19℃

潮汐
f:id:dimvbfa:20170517105503j:image

 1週間前の最高条件…に近い天候です。メインで狙っていく夕マズメも潮が動き続けるようなので、かなり期待ですね。

 今回は私含めて5人もの大所帯。皆さん経験者なので気張らずに済みそうなのが幸いです。諸事情により重度の金欠なので、今日は撒き餌無しでのんびりまったりやっていきますよー(*˘︶˘*).。.:*

 

 使用する仕掛けは
f:id:dimvbfa:20170517105818j:image

 主にこの2通りですかね、私はどんな状況にも対応可能な左の投げサビキ仕掛けを愛用しておりますが、トリックの方が釣れるかもしれないです。

 同伴には0.4号にワーム針をつけてメバル狙いの方も。…しかし細くないですかね?笑

 

 午前中からやっていた人の投げサビキ仕掛けにサプライズが!
f:id:dimvbfa:20170517195948j:image

 ▲39cmのサヨリ!真っ直ぐだとクーラーボックスに入りません(T_T)

 施設、全体的にも午前はあまり釣果が奮わなかったみたいです。

 

 午後になり、少し風が出てきました

 少し釣れます。撒き餌なしでも釣れるので、そこら中に豆アジが居るのでしょう。

 とにかく、仕掛けを底まで降ろして放置すれば勝手に食いつくレベルです。水温も20℃近くありますし、納得です

 少し投げても釣れますが、大型は足元まで寄っている雰囲気でした、やはり足元はトリック仕掛けが有利なようです( ̄ー ̄)

 

 夕マズメは正に入れ食い状態。当然アミコマセなど不要です。サビキ仕掛けは
f:id:dimvbfa:20170517194116j:image
ハヤブサさんのリアルアミエビ。高値だけあって非常に優秀です!(余談ですが夕マズメ以降はハヤブサさんの夜光タイプの仕掛けが猛威を振るいます)

 

  底仕掛けにしていると、当然こんなのも。
f:id:dimvbfa:20170517195355j:image
 ▲安定のカサゴ。まあまあの良型、20cmくらい

 私はこれを4号の道糸でらくらくぶっこ抜きましたが、友達はこれより一回り大きいカサゴを例の0.4号の仕掛けで見事抜き上げました!笑

 

 0.4号の可能性を感じましたね!

(ちなみに150mで2000円ほどするいわゆるイイ糸です)

 

 

 料理

 久々にアジフライが食いたくなったので、15cm以上の鯵は適度にお持ち帰りしました。サヨリもフライにします!カサゴはミソスープにでも。
f:id:dimvbfa:20170518013404j:image

 ▲みんなで釣ってきた魚たち!(サヨリを撮り忘れました…)


f:id:dimvbfa:20170518013608j:image
 ▲まずは調理に時間がかかるカサゴ君から
f:id:dimvbfa:20170518013649j:image

 ▲鱗を落としたらワタとエラを抜き、流水で洗います
f:id:dimvbfa:20170518013755j:image

 ▲取り敢えず3枚に
f:id:dimvbfa:20170518013828j:image

 ▲頭を割ったら、アラで出汁を取ります。弱火でコトコト煮込んでいきます。私は2時間ほどやりました。カサゴの身は一旦冷蔵庫に仕舞います。その間にサヨリとアジの天ぷらをつくってしまいましょう


f:id:dimvbfa:20170518014147j:image

 ▲サヨリは腹開きにしました。このまま食べても全然美味しそう
f:id:dimvbfa:20170518014038j:image

 ▲アジはセイゴと頭を取ったら2枚におろしていきます
f:id:dimvbfa:20170518014349j:image
 ▲最初に片栗粉(小麦粉でも可)をつけたら溶き卵にくぐらせ、最後にパン粉をつけて衣の出来上がり
f:id:dimvbfa:20170518014316j:image

 ▲160~170℃の油で衣が狐色になるまで(音が殆どしなくなる所、でも良いかもしれません)揚げます
f:id:dimvbfa:20170518014710j:image
 ▲うまそー


f:id:dimvbfa:20170518014734j:image

 ▲2時間煮込んだアラ汁。骨やヒレなどを濾して取り除きます、良い色です♪
f:id:dimvbfa:20170518014903j:image

 ▲冷蔵庫に仕舞っておいた身をぶつ切りにして投入、塩、醤油などで味を整えます。
f:id:dimvbfa:20170518014944j:image

 ▲近くの海で拾ってきたワカメを小さく切って入れます
f:id:dimvbfa:20170518015057j:image

 ▲お好みで生姜やネギもどうぞ、アラの生臭さが消えます
f:id:dimvbfa:20170518015157j:image

 ▲最後に味噌を溶いてさっと混ぜたら出来上がり!

 

 

 どちらの料理も殺人的に旨い。特にカサゴの味噌汁。手間かけた甲斐があった。これだから釣りはやめられない!

 かなり満足のいった釣行でした!

 次回釣行、多摩川でエビが釣れてるという情報を入手したので、来週検証に行く予定です。

 ではまた♪